スマートフォン版へ

こちらのページでは、コーディネートの保留と停止、患者登録取消について解説しています。
コーディネートに関しては、以下の各ページもご覧ください。

コーディネートの流れ
コーディネートに関しての注意事項

 

1. コーディネート保留

コーディネートの進行を一旦止めたほうが望ましいと主治医が判断した場合、最大90日間コーディネートを一時的に止めることができます。ドナー候補者には原則お待ちいただきますが、保留期間中であっても、ドナーの状況によってはコーディネートが終了となる可能性があることをご了承ください。


2. ドナー検索停止と登録継続

当面は移植をしない、今は必要ではないが将来は移植を希望する場合、登録は続けておいてドナーコーディネートは行なわない、という手続きです。すべてのドナーとのコーディネートを終了とし、新しいドナーの検索も停止します。停止から1年後に、今後の患者登録の要否について、主治医に問い合わせます。


3. 患者登録取消

主治医から「登録取消届」の提出があった場合には、患者さんの登録を取消します。
取消の連絡が遅れると、ドナーコーディネートが継続され、ドナー確認検査や最終同意面談を実施し、患者負担金が発生することもあります。




■コーディネートに関しては、下記の内容もご確認ください。

コーディネートの流れ
コーディネートに関しての注意事項