スマートフォン版へ

こちらのページでは、患者登録から移植までの詳しいながれを解説しています。
コーディネートに関しては、以下の各ページもご覧ください。

コーディネートの保留と停止、患者登録取消について
コーディネートに関しての注意事項

コーディネートのながれ 【患者登録から移植まで】

re_img_flow.gif

   ※コーディネートのどの段階においてもドナー側の理由によりコーディネートが終了となる場合があります。


1. 患者登録

骨髄バンクに登録するためには、所定の申請書の提出が必要となります。手続きはすべて 患者さんの主治医を通して行なっていただきます。 申請書は当法人ホームページからダウンロードできます。

患者負担金については、骨髄バンク利用料金をご参照ください。

骨髄バンク利用料金

骨髄バンクに登録できる患者さんは、以下の基準を満たしている必要があります。
ただし、下記に該当しない疾患であっても、医療委員会での審査の結果、登録受理となる こともありますので、その場合は患者さんのサマリー(治療経過)とあわせて登録申請してください。

※医療委員会とは:移植適応や、移植患者に関わる情報の収集・解析等を行う当法人の委員会のことです。
 
【患者登録基準】
年齢 制限なし
疾患 ・急性骨髄性白血病 ・急性リンパ性白血病 ・慢性骨髄性白血病
・骨髄異形成症候群 ・その他の白血病 ・多発性骨髄腫
・再生不良性貧血 ・赤芽球ろう ・発作性夜間血色素尿症
・先天性造血障害 ・その他の血液疾患 ・EBV感染症関連
・血球貪食症候群およびランゲルハンス細胞組織球症・自己免疫疾患

・骨髄増殖性疾患、リンパ系悪性腫瘍、先天性代謝異常、原発性免疫不全症は
審査不要な疾患もありますが、疾患名によっては審査が必要な場合があります。

・固形腫瘍については、すべて審査が必要です。
その他 提供可能なHLA一致の血縁者が存在しないことを検査により既に確認していること。
※親子でもHLAが一致する場合があるため、骨髄バンクに登録する前に一度ご検討ください。

2. ドナー検索

登録受理後、ただちに日本赤十字社の中央骨髄データセンターにおいてドナー検索を行います。ドナー検索は、HLA-A、B、DR座の6抗原適合を原則としていますが、 主治医からの依頼により、1抗原不適合ドナーの検索も同時に行なえます。

登録中は、患者さん1名につき最大5名のドナーを確保することが可能です。

※HLAの適合度を中心とした評価点(血液型・体重など)にもとづいて、上位のドナー候補者を検索します。

3. ドナー選択(コーディネート開始依頼)

検索されたドナー候補者のうち、主治医が選択したドナーについてコーディネートを開始します。

4. 確認検査

ドナー候補者の適格性と提供の意思を確認後、採血(確認検査)を実施します。
HLA検査(必要時)とドナーの一般血液検査を実施し、ドナー候補者の健康状態の確認を行います。

5. ドナー選定

確認検査結果を報告したドナー候補者に関して採用(選定)/不採用の決定をすることです。
ドナー選定以降であっても、ドナー状況によってはコーディネートが終了になることがあります。

6. 最終同意

第1候補として採用(選定)されたドナー候補者に関して、最終的な同意確認に向けた 手続きを開始します。最終同意面談では、ドナーご本人・ドナーのご家族の 骨髄・末梢血幹細胞提供に関する意思および適格性を確認します。なお、この確認には通常、 最終同意面談日より3日程度の時間を要します。 最終同意面談の結果、コーディネートが終了となることもあります。

※最終同意が確認された場合でも、ドナーの状況または術前健診の結果等によってはコーディネートが終了となる場合もあります。

7. 移植準備・移植

選定ドナーの最終同意が確認された時点で、移植医師へ移植日に関する 連絡をします。移植施設・採取施設・ドナー候補者の日程を合わせる必要が ありますので、可能な限り早期のご返答をお願いしています。患者さんの希望に添えるように調整を行いますが、添えない場合もありますことをご了承ください。

※移植(採取)日が決定すると、ドナー候補者は術前健診を受けその健診結果をもとに判定を行います。術前健診により、骨髄・末梢血幹細胞採取がドナーの健康に重大な影響を及ぼすと判断される場合には、コーディネートが終了となることもあります。あらかじめご了承ください。



■コーディネートに関しては、下記の内容もご確認ください。

コーディネートの保留と停止、患者登録取消について
コーディネートに関しての注意事項