スマートフォン版へ
【日本骨髄バンクのあゆみ】
1991年 12月 財団法人骨髄移植推進財団設立(18日)
1992年 1月 日本赤十字社「骨髄データセンター」設置
ドナー登録の受付開始
6月 患者登録の受付開始
9月 コーディネート開始
1993年 1月 日本骨髄バンクによる初の骨髄移植を実施(28日)
1994年 10月 全国の保健所でドナー登録受付を開始
1997年 1月 日本骨髄バンクによる骨髄移植1000例(29日)
4月 ドナー登録時に1次、2次検査(HLA-A座、B座、DR座検査)を同時実施
日本骨髄バンクとNMDP(米国骨髄バンク)が提携(国際ドナー検索契約)
TCMDR(台湾骨髄バンク)とも試験的提携を開始
9月 国際協力による骨髄移植第1例の実施(NMDPから)
1998年 4月 BMDW(世界骨髄バンクHLA型種類別データ集計システム)に参加
HLA照合サービス開始
6月 TCMDR(台湾骨髄バンク)から初の骨髄提供
8月 ドナー登録者数10万人到達(13日)
10月 韓国に骨髄提供第1例
1999年 1月 HLA一部不適合移植、年齢拡大など移植希望患者の適応拡大
5月 KMDP(韓国骨髄バンク)と仮提携締結による相互検索サービスを開始
10月 東海村での被爆事故患者への緊急コーディネート開始
2000年 3月 KMDPから初の骨髄提供
5月 NMDPと提携後、初の骨髄提供
6月 厚生省「骨髄提供希望者確保事業」実施要綱の改正通知
(ドナー登録会の実施要綱改訂)
2001年 1月 コーディネートのコンピューターシステム本格稼動
8月 移動献血会場でのドナー登録受付、全国展開へ
9月 米国同時多発テロにより、NMDPからの骨髄搬送にチャーター機利用
2002年 4月 患者救済に資する事業募金を開始
2003年 8月 日本骨髄バンクによる骨髄移植5000例(1日)
2004年 11月 ドナー登録者数20万人到達(25日)
2005年 3月 ドナー登録要件緩和(下限18歳以上、登録時の家族の同意不要など)
9月 ドナー登録要件の上限年齢が「登録54歳まで・提供55歳まで」に引き上げ
2008年 1月 ドナー登録者数30万人到達(15日)
12月 日本骨髄バンクによる骨髄移植1万例(3日)
2009年 8月 ドナー登録時にHLA-C座検査開始(1日)
2010年 10月 末梢血幹細胞移植(PBSCT)を導入(1日)
2011年 1月 新規ドナー登録者に末梢血幹細胞移植(PBSCT)の説明開始(1日)
3月 日本骨髄バンクにおける1例目の末梢血幹細胞移植実施
12月 日本骨髄バンク設立20周年記念全国大会開催(17日)
2012年 4月 公益財団法人 骨髄移植推進財団に移行登記(1日)
12月 骨髄・末梢血幹細胞移植数15000例(12日)
2013年 10月 公益財団法人日本骨髄バンクに名称変更(1日)
2014年 4月 厚生労働大臣よりあっせん事業者として許可される(1日)
2016年 9月 日本骨髄バンク設立25周年記念全国大会開催(17日)
10月 骨髄・末梢血幹細胞移植例20000例(19日)