スマートフォン版へ

A.母親と胎児を結ぶさい帯と、胎盤の中に含まれる血液をさい帯血といいます。さい帯血は通常、出産後に不要となりますが、血液細胞を造り出す基である「造血幹細胞」がたくさん含まれているので、これを患者に移植することによって、骨髄移植・末梢血幹細胞移植と同様の効果を得ることができます。

詳しくはこちら 造血幹細胞移植情報サービス