スマートフォン版へ

A.採取はドナーの安全を第一に、日本骨髄バンクが認定した経験豊富な病院で行われます。患者の希望する日程をもとに、ドナーの都合を伺いながら調整しますが、希望に添えない場合もあります。日程は施設の状況を確認し、相談させていただきながら調整を進めますので、日本骨髄バンクが勝手に決めてしまうことはありません。病室については、採取施設の都合が優先されます。骨髄採取の麻酔方法は、原則として全身麻酔で行われます。