スマートフォン版へ

A.最終同意のあとは、採取日に合わせて健康診断があります。また、骨髄採取の場合は自己血の採血、末梢血幹細胞採取の場合は白血球を増やす薬(G-CSF)の注射があります。
 健康診断の結果、ドナーに健康上の問題があった場合は、採取が中止になることがあります。また、患者の前処置は移植の1~2週間前から始まります。健康維持に留意されることはもちろん、過度の運動はお控えいただき、怪我などにも注意してください。