スマートフォン版へ

<骨髄提供>
骨髄採取する骨髄液の量は、適合した患者の体重によって異なります。
小児の場合200mLで済むこともありますし、成人では1000mLを超えることもありますが、ドナーの体重に応じて、安全な範囲で定められています。
健常成人では、骨髄で赤血球が2000億個、白血球と血小板は日々1000億個生産されており、骨髄採取した場合などはその生産量が調整されて増加します。
骨髄は採取後すみやかに元の状態に戻りますし、その間、日常生活に支障はありません。

<末梢血幹細胞提供>

1回の採取で専用の機械(血液成分分離装置)に循環させる血液の量は、ドナー体重1kgあたり200mLを目標とし、250mLを上限とします。
この量は、ドナーの負担にならないように設定されています。
例えば、体重50kgのドナーの場合、10~12L程度を機械に循環させ、血液中から移植に必要な細胞(造血幹細胞)を取り出し、それ以外の血液はドナーの体に戻します。
実際の採取量は、約100~300mL程度です。