スマートフォン版へ

末梢血幹細胞採取バッグの輸血セットを接続する部位(スパイクポート)に、検体採取のための操作アダプターが接続されていた事例が報告されました。

再発防止の観点から通知いたします。詳細は以下のファイルをご確認ください。

末梢血幹細胞採取バッグの輸血セットを接続する部位(スパイクポート)に検体採取のための操作アダプターが接続されていた事例についてPDF_220KB)