スマートフォン版へ

今般、骨髄液の濃縮処理後、細胞数不足により残液バッグを再処理し追加輸注を行った事例が報告されましたので、情報提供いたします。

医療委員会から「濃縮後の細胞数が出るまで、残液バッグを廃棄せず保存することが重要」との意見が出されております。

過去事例も併せてご参照ください。

骨髄液濃縮処理後に細胞回収率が低いことが判明し、 残液バッグの再処理により追加輸注を行った事例について