スマートフォン版へ

本年10月23日付で、骨髄液の凍結過程で幹細胞が廃液へ流出した事例について緊急に安全情報を発出しました。今般、移植施設より成分分離装置(COM.TEC)製造販売業者からの報告書が提出されましたので、続報として情報提供いたします。
詳細は以下のファイルをご参照ください。

骨髄液凍結の処理過程で幹細胞が十分に回収されず廃液に流出した件について(続報)(PDF 894KB)

2020年10月23日付の第一報は下記ページをご参照ください。
https://www.jmdp.or.jp/medical/notice_f/post_455.html