スマートフォン版へ

本年2月、運搬者の日本通運株式会社(以下、日通)に対し、原因究明と再発防止策が示されるまで保冷運搬の中止を申し入れ、安全情報を発出した案件に関する続報です。
日通より提示された原因ならびに再発防止策は医療委員会および業務執行会議において確認され、再発防止策を徹底することを前提に再開可能とされました。

詳細は以下をご確認ください。

末梢血幹細胞の一部がシャーベット状になっていた事例について(続報)(PDF_138KB)



2019年2月15日付の第一報は下記ページをご参照ください。

https://www.jmdp.or.jp/medical/notice_f/post_393.html