スマートフォン版へ

今般、骨髄液の血漿除去処理時に分離バッグの一部が破損した事例が発生しました。
過去にも同様事象についての報告をしておりますが、再発防止の観点からあらためて情報提供をいたします。なお、当該バッグメーカーからの「血液バッグ遠心破損防止マニュアル」も併せてご参照ください。

別紙1 遠心分離バッグの破損事例(PDF_363KB)
別紙2 血液バッグ遠心破損防止マニュアル(PDF_2.6MB)