スマートフォン版へ

この度JMDPでは、患者コーディネートにおける手続きを簡素化することでコーディネートの期間短縮を図るべく、医療委員会での審議を経て、以下の項目について見直しを行いました。

詳細については下記をご参照ください。

◆変更点ダイジェスト版

患者コーディネートの運用等に関する変更について(ダイジェスト版)(PDF_135KB)

◆コーディネートルールや運用に関する事項
医師の役割分担とFAX書類等の送付先/臍帯血等移植後の骨髄バンクドナーの確保/DLI申請(混合キメラ状態の申請条件変更)

コーディネートルールや運用に関する事項(PDF_135KB)

◆コーディネートの書類に関する事項
各種書類への医師の署名(記名)/「ドナー選定通知書」の変更/ドナーから放射線被ばくの申告があった場合の医師への連絡/連絡事項の中止

コーディネートの書類に関する事項(PDF_259KB)

◆骨髄液等の運搬に関する事項
航空機に搭乗時の運搬BOX磁気回避の見直し/運搬証明書発行の要否問い合わせの中止

骨髄液等の運搬に関する事項(PDF_122KB)

運用開始日:2019年4月15日