スマートフォン版へ
Q. ピアスを開けたあと1年間は献血ができないようですが、骨髄バンクもそうですか?

A. 骨髄バンクの登録は可能ですが、骨髄・末梢血幹細胞の提供はご遠慮いただく場合があります。ここでも血液を介してのウイルス感染が問題になります。医療機関やディスポーザブルの器具(ピアッサー)等を他人と共用せず、実施1カ月後で局所の炎症がなければ献血可能です。ピアッサーを他人と共用している場合は、1年間献血や骨髄・末梢血幹細胞の提供ができません。つまり、ピアスを開けるときどのような器具を用いて、どのように開けたかが判断の基準になるのです。