スマートフォン版へ

A.自身の持っているHLA型と異なるHLA型の細胞や臓器の移植を受けると、HLA型が違うため移植された臓器等を『異物』と認識し、(免疫)拒絶反応が起こります。そのため、細胞や臓器を移植する際には、HLA型を合わせることで、拒絶反応が起きにくくすることが重要です。