スマートフォン版へ

A.短期目標として平成29年度までに、拒絶反応を起こしにくいHLA型5~10種類のiPS細胞を作製する事を目指します。これにより、日本人の30~50%に拒絶反応の少ない細胞移植が可能です。長期目標としては、平成34年度までに75~150種類のiPS細胞を作製する事を目指しますが、これにより日本人の80~90%に拒絶反応の少ない細胞移植が可能になります。