スマートフォン版へ

A.iPS細胞は、体を構成するどんな細胞にもなることができる特殊な能力を持った細胞です。この特徴から、細胞移植などの再生医療への応用や、病態の再現を通した原因究明、創薬、治療法の開発が期待されています。