スマートフォン版へ
Q. 主治医より、造血幹細胞移植をする必要があると言われました。治療費はどのくらいかかるのでしょうか?また、骨髄バンクに支払うものはどのようなものがありますか?

A. 医療費については、患者さんの病状や経過により個人差が生じます。一般的には、スタンダードリスクの患者さんの場合、移植を受けられた月に限れば医療費の請求額は数百万円で、その2割から3割が患者さんの自己負担となるようです(医療費の自己負担分が高額になった場合には高額療養費の適用となり、自己負担限度額を超えた分の費用はあとで戻ってきます)。しかしながら、個人差が大きいものですのであくまでも目安として参考にしてください。ご自分の場合については、主治医に率直にお尋ねください。国内のドナーから移植が成立した場合、当法人にお支払いいただく負担金は、一般的な目安としておおよそ20万円くらいになります。