スマートフォン版へ

snowbank.jpgプロスノーボーダー荒井DAZE善正。2007年に「慢性活動性EBウィルス感染症」と診断され、骨髄移植により九死に一生を得る。

その苛酷な闘病体験を経て今、生きる希望となったスノーボードと骨髄バンクをより多くの人に知ってもらいたいと、毎年 11月に代々木公園にて「SNOW BANK PAY IT FORWARD」を開催。

骨髄バンクや献血の必要性を一人でも多くの人に感じてもらえるよう、活動を継続して行っています。

詳細はこちら>>>  http://sbpif.net/