スマートフォン版へ

本年4月、骨髄採取後、濾過のためコレクションコンテナーの上部にあるハンガーを使用し点滴台に設置後にコレクションコンテナーが落下、骨髄液の一部が流出した事例が報告され、緊急安全情報を発出しました。
ドナー安全委員会にて審議した結果、再発防止(注意喚起)の観点より改めて周知することになりました。

詳細は、以下ご確認ください。

骨髄採取後、濾過のためコレクションコンテナーを点滴台に設置後に点滴台から落下、骨髄液の一部が流出した事例について(ご報告)(PDF_200KB)