スマートフォン版へ

このたび、骨髄提供後第6/7頸椎椎間板ヘルニアと診断され、その後手術適応となり、後方除圧術を施行した事例が報告されました。
本症例に関して、再発防止の観点から情報提供します。詳細については、下記ファイルをご参照ください。

骨髄提供後、第6/7頸椎椎間板ヘルニアと診断された事例について(PDF_211KB)