スマートフォン版へ

 「使用されなかった造血幹細胞およびドナーリンパ球に関する事例報告」のとおり、これまでに骨髄採取したものの移植に至らなかった6例のうち、細胞数が少ないために移植に使用されなかった例が2例あります。当法人 医療委員会では、採取された骨髄等の細胞数が少ない場合であっても移植することを基本姿勢としています。各施設におかれましては、下記PDFファイルを再確認いただき、ご対応くださいますようよろしくお願いいたします。

提供された骨髄等の細胞数が少なかった場合の対応について(再確認のお願い)(PDF_95KB)