スマートフォン版へ

この度、ドナーからのリンパ球採取後に移植施設から「Day-2から、急激な再発症状出現のため、緊急に化学療法を行った。このため、本日(Day0)は輸注せず全量凍結したい」との一報があり、結果的にはDay+11にDLIは実施されました。今回は、患者の病状変化に対する治療方針決定までに時間を要したため、当法人 事務局への連絡が遅くなったとのことです。

しかしながら、当法人としましては、DLIであっても、骨髄液/PBSCと同様に初回輸注せずに全量を凍結することを認めていません。

今一度、下記をご確認いただき、今後も格段の注意を払ってご対応くださいますようお願い申し上げます。

初回輸注せずドナーリンパ球を全量凍結した事例について(ご報告)