スマートフォン版へ

3月下旬に骨髄バンクを介して骨髄提供した30歳代の男性が提供2日後に退院されましたが、4日目から採取部位の痛みが増強し、5日目には左臀部の腫張、疼痛悪化、大腿にかけての痺れが現れ、歩行困難になったため採取施設を受診し、緊急入院となりました。現在、貧血症状は改善傾向にあり、全身状態も安定しているとのことです。

詳細はプレスリリースをご覧ください。プレスリリース