スマートフォン版へ

コーディネート期間の長期化は移植を待つ患者の救命に影響を与え、本来の骨髄バンク事業の使命を果たすことを困難にするものであることから、当法人では、確認検査行程の期間短縮に向けた検討を行って参りました。


このたび答申書が纏まりましたので公表致します。

「確認検査行程期間短縮に向けたワーキンググループ」答申書