施設 公立大学法人福島県立医科大学附属病院   小児腫瘍内科〔JSHCT認定〕

1.移植認定施設・診療科情報  
住所 960-1295
福島県
福島市光が丘1
電話 024-547-1437 ファックス 024-547-1443
診療科責任医師 菊田敦
連絡責任医師 ※1 同上 移植チーム医師数 ※2 6
相談窓口
(医師以外) ※3
あり 担当者名 (職種 ※4 安斎紀(認定HCTC)
家族滞在施設 あり 部屋数 6
料金 1日:¥1000   1週:¥7000  
院内学級 ※5 あり
小学部 中学部
病院
ホームページ ※6
あり
http://www.fmu.ac.jp/byoin/index.php
診療科責任医師
メールアドレス
akikuta@fmu.ac.jp
 
※1 連絡責任医師は、一般社団法人日本造血細胞移植学会認定に伴い診療科責任医師に統一しました。患者様のコーディネートに関する連絡は、患者様の登録医師及び移植医師にお伝えしています。
※2 移植に関わる専門医師数です。研修医は除きます。
※3 生活面、経済面の相談窓口で、治療相談ではありません。
※4 認定HCTCは、日本造血細胞移植学会認定のHCTCです。
※5 この項目は小児科のみを対象としています
※6 セカンドオピニオン外来や診療科ホームページの有無は、病院のホームページでご確認ください。


2.最近3年間(2015.01.01~2017.12.31)における同種造血幹細胞移植実績

        同種造血幹細胞移植(単位:件)
血縁
骨髄
非血縁
骨髄
血縁
末梢血
非血縁
末梢血※7
臍帯血
(血縁+非)
合計
2015年 1 0 7 0 1 9
2016年 2 1 9 0 0 12
2017年
3年合計 3 1 16 0 1 21
過去累計 52 29 79 0 12 172
診療科における移植の特徴 ※8 ほぼ全ての種類の移植に対応可能です。特に最近は移植後再発例、再発後非寛解例および初回非寛解例など治療困難と考えられている症例に対して積極的に血縁者間HLA半合致(ハプロ)移植を行い、成果を上げています。
また、院内には支援学校があり、20名の教諭が入院化学療法中の小児をはじめ、移植中の小児に対してもベッドサイド学習を積極的に行い、子ども達の支援を行っています。高等部の学習支援、就学前教育の支援も行っており、病棟保育士も常勤しています。単位認定などの高校教育対応も可能です。病棟には、落ち着いた環境で学習できる学習ルームがあります。
移植中も付き添いは常時可能で、母子同室で移植を行っています。病院の近くには患者、家族の宿泊施設であるパンダハウスがあり、低料金で宿泊できます。

※7 非血縁者間末梢血幹細胞移植の件数は2012年4月より掲載いたします。
※8 造血幹細胞移植に関して、力を入れて取り組んでいる臨床研究や課題、移植の種類、ドナーを選択する際の方針など、数値的な実績以外の施設の特徴が記載されています。